初期症状・症状慢性骨髄単球性白血病<治療>

慢性骨髄単球性白血病<治療>

慢性骨髄単球性白血病の基本、症状の特徴や治療法など。

慢性骨髄単球性白血病とは?

慢性骨髄単球性白血病は性別や年齢に関係なく、誰にでも起こる可能性がある疾病の一つですが、最もかかりやすいのは中年以降の40歳以上が多いようです。
慢性骨髄単球性白血病は白血病の一種なので骨髄に発祥する事が多いようです。
白血病でも慢性骨髄単球性白血病の場合には自覚症状が出ることがほとんどなく、自覚症状が出る頃には白血病の秒細胞が骨髄を既に満たしてしまって血液中にも出てきている場合が多いようです。

症状の特徴は?

慢性骨髄単球性白血病にかかると、初期段階では自覚症状がほとんどありません。
症状が進むに連れて、疲れやすくなったり食欲が減退したり、お腹の辺りがなんとなく膨れているような感じを感じることがあるようです。
慢性骨髄単球性白血病の症状には他にも、発汗や発熱、体重減少などがありますが、いずれの場合にも少しずつ症状が悪化していくので、なかなか本人では気づきにくいのが特徴です。

発見法は?

慢性骨髄単球性白血病は血液検査を行なえば発見する事ができます。
血液検査をすると白血病と診断する事はできますが、その後で染色体分析検査などを行なう事で、どんなタイプの白血病なのかを診断する事が多いようです。

症状はよくなるの?

慢性骨髄単球性白血病は完全に治療する事ができるタイプの疾病ではないのですが、治療を行うことによって進行を遅くする事は十分に可能です。
統計を見てみると、慢性骨髄単球性白血病と診断された人の50%以上は治療を行いながら5年間もしくはそれ以上生存することも多いですし、慢性骨髄単球性白血病が急性に転化しなければもっと長く生存する事も十分に可能です。

もっと詳しく知りたい

慢性骨髄単球性白血病の一例
慢性骨髄単球性白血病になった患者の一例が載っています。

慢性骨髄性白血病治療症例集
メシル酸イマチニブ、ハイドロキシウレアなどの薬の投与と治療法の例。

メルクマニュアル家庭版, 慢性骨髄性白血病 176 章 白血病
慢性骨髄単球性白血病の症状と治療法が説明されています。

スポンサーリンク